1. コラム
  2. 財務・資金
  3. 2017.10.02

経営者が知っておきたい「フィンテック」の個人向け・企業向け注目サービス


WEBや新聞で目にする機会が多くなった「フィンテック」。電子マネーや会計管理、資産運用といった金融まわりのことを「便利に・早く・安く」実行できるIT技術として注目を浴びています。

フィンテックが進化を続けるなか、個人向けサービスに加え、企業間取引にも拡充されるようになったのも見逃せないポイントです。ここでは、経営者が知っておきたい基礎知識と、特に注目度の高いサービスを紹介します。

ビジネスを加速するフィンテックとは

「フィンテック」とは、「ファイナンス(金融)」と「テクノロジー(技術)」を組み合わせた造語です。
日本では、「金融テクノロジー」「金融IT」などと呼ばれることもあります。意味は、ITを活用した金融サービスやビジネスモデルといったところです。

簡単な表現で言い換えれば、身の回りの「お金」に関することをITで簡単・便利にするサービスです。

身近なものでは、モバイル決済や電子マネーなどがフィンテックです。ペイパルやLINE Payなどを使ってモバイル端末で決済を行うのは、すでに一般に浸透しています。
これを見るだけでも、フィンテックの普及が生活の中に入り込んでいることがわかります。他にも、アドバイザリー機能をもった投資システムや家計簿、会計ソフトとの連携サービスなど、サービスが多彩なところも忘れてはならない点です。

フィンテックが近年、さらに注目されてきた背景には、これまで個人向けサービス中心だったものが、個人事業者や法人向けサービスに広がってきたことにあります。
ベンチャーを中心に、新しいサービスが次々登場しており、アメリカではビジネススタンダードとして定着しています。日本でも、さらに存在感を増していくのは間違いないでしょう。


個人向けフィンテックでは、「便利さ」に注目が集まりましたが、ビジネスシーンでは「早さ」と「安さ」も特筆すべきポイントとなります。例えば、決済を行う場合、銀行口座からの振り込みに比べ、電子マネーを使った決済手数料は圧倒的に安く、海外の取引先であっても瞬時に送金が完了します。

IT技術先進国のアメリカでは、日本にないビジネスモデルが提供されはじめており、それらが日本に上陸するのは時間の問題といえるでしょう。また、フィンテックを提供する企業に特化したファンドが設立されていることを見ても、今後の躍進は間違いありません。

ここからは、どのようなサービスがあるのかを具体的に紹介していきます。

気軽さが人気を支える個人向けサービス

個人向けサービスの代表であるモバイル決済は、その便利さから、今や欠かせないサービスのひとつとなっています。その他にも、家計管理や投資など、多岐にわたるサービスがあります。

●自動家計簿「マネーフォワード」
パソコン、タブレット、スマホで家計管理できるアプリケーションです。

複数の金融口座を一括管理でき、引き落としやカードでの支払いは自動で反映されます。日ごろの買い物はレシートを撮影するだけで管理でき、これまでの推移をグラフや表で表示することができるので、節約や資産形成に役立つと好評です。

●資産運用「THEO」
国際分散投資で資産運用を行うサービスです。

ロボアドバイザーを導入しており、アルゴリズムで自動化したシステムが最適な投資方法を選択し、感情に左右されないベストプラクティスを選んでくれるのが特徴です。

●株式投資「One Tap BUY」
スマホで株取引ができるサービスです。
PCやスマホで口座を開設し、送金後は、クリックするだけで株式を購入できます。購入額が1,000円からと少額な点も、ハードルを下げているポイントです。

安さとスピードが注目される企業向けサービス

ここ数年は、これまでの商流では考えられなかった多くのフィンテックサービスがリリースされています。お客様への販売や企業間取引でも使われる他、会計管理関連のサービスも愛用者が増えています。

●会計ソフト「freee」
クラウド会計ソフトの先駆けとして知られ、シェアNo.1を誇るサービスです。

見積書や請求書といった帳票類を作成できるだけでなく、会計の知識がなくても決算書の作成まで行えます。銀行口座やクレジットカードを登録すれば、その明細から勘定科目を推測手で自動計上します。現金購入したものや旅費交通費の計上はスマホで操作できるなど、徹底して手間を省く設計になっているのが評価されているポイントです。

●POSレジ「AirREGI」
無料で使える上に、専用のデバイスを必要としないPOSレジアプリです。

スマートデバイス(スマホやタブレット)にアプリをダウンロードして使用します。売上分析や在庫管理を行う機能もあり、ログインすれば、離れた場所からで売上状況を把握することが可能です。クレジットカード決済システム「Airペイ」と連携し、さらに便利になっています。

●クレジットカード決済「Square」
無料のアプリをインストールしたモバイル端末のイヤホンジャックに、コンパクトなカードリーダーを差し込むだけでクレジットカード決済ができるシステムです。

月額固定費などもなく、申し込みも簡単な上、電波が届く場所であればどこでもクレジットカード決済ができるため、デリバリー先やイベント会場での利用も広がっています。


フィンテックという言葉が使われ始めてから日は浅いですが、すでに多くのフィンテック企業が参入し目まぐるしい進化を遂げています。

人を介さないサービスのため、これまでに考えられないほど安価で提供され、スピード感があるのも見逃せないポイントです。経営、ビジネスにおいても、今後の発展に目が離せない分野といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Introduction

あわせて読みたい