1. 事業革新
  2. IT活用
  3. 2017.10.25

「AI活用前夜」(第3回)
AIで遅れを取らないために今すぐ準備すべき3つのこと③ クラウド活用の誤った神話とは


前回の記事では、人工知能(AI)に通じるクラウドを最大限活用するためには、考えるより行動!ということで、第一歩目を踏み出すための3つのことをご紹介しました。

(記事:「AI活用前夜」AIで遅れを取らないために今すぐ準備すべき3つのこと②)

一番目のようなセミナーを通じて専門家に質問を浴びせかける方法や、二番目に紹介したようなクラウド型CMSによるホームページ作成などは比較的わかりやすいと思いますが、三番目のソリューション企業と会うという点をもう少し深堀してみたいと思います。

が、今回はその前に改めて、中小企業こそクラウド活用のメリットがある!ということを、中小企業のクラウド化にまつわる、誤った「神話」を通じて、改めて強調しておきたいと思います。

誤った神話1:ビッグデータは大企業のもの(中小企業にはクラウド化はいらない!)

敢えて言います。クラウド、人工知能(AI)は中小企業の味方です。

まず、クラウドの活用のメリットはビッグデータではありません。システム変更がしやすくなる、バージョンアップの費用がほぼゼロになるなどの「柔軟化」 された高度なソフトがクラウドサービスとして中小企業でも身近に使えるようになりました。

ビックデータという観点でも、マーケティングや業務改善など長期的に使用することで、今まで見えなかった課題や機会が見える化する「新たな可視化」という要素も見過ごせません。

特に顧客管理系や業務自動化系のクラウドサービスは、ほとんどの場合、わかりやすい報告ツールを用意しているため、これらのサービスを駆使すれば、低費用で大きな経営改善につながります。

あくまで今まで見えなかったものが見えることがクラウドサービス活用の背景にあるデータ活用のメリットです。大企業のような「ビッグデータ」は必要ありません。

誤った神話2:クラウド活用は難しいし、コストがかかる(中小企業に複雑なシステム導入はいらない!)

クラウド活用と一昔前のゴテゴテしたシステム導入を同じものだと見ている方も少なからずいらっしゃるようです。

先ほども書いた通り、クラウドは中小企業こそ活用メリットがあります。

従来型のシステム導入と異なるのはまず、クラウドサービスはインターネットを介してすでにクラウド側でシステムが作られているため、「複雑な要件定義などは一切不要」というメリットがあります。

さらに、ほとんどのサービス形態は使用頻度が増えたり、拡張機能を使うことによって初めて課金されます。逆に言えば「使い始める分には無料」というケースがほとんどです。これなら安心してサービスを比べることができますね。
そんなうまい話があるか、と思うかもしれませんが、使用と課金のレベルを合わせる合理的な仕組みといえます。

誤った神話3:人工知能(AI)は流行りもの(すぐに廃れるから中小企業にはいらない!)

人工知能(AI)自体にはメディアなどでいろいろなストーリーが着色されているため、不信
感を抱く方もいらっしゃると思います。一方で、データを上手に集め、有効活用すればよりよいサービスを生み出すことができる、ということ自体に異論を持つ方は少ないのではないかと思います。

データ活用が中小企業にとって長期的に最重要事項だといえる一つの兆候として
「顧客データとサービス品質が密接に関わってきている」という点です。

迅速で柔軟なサービス対応や、新たなデータによる顧客の見える化は今も昔も変わらず企業の最重要事項ですが、クラウド化はその両方に対してインパクトがあるものです。流行りものだと切り捨てるのは危険かもしれません。

もう一つの兆候として、これはまだ見えにくい点ですが、「データ分析が難しいものではなくなってきている」という点です。一部の戦略コンサルタントやデータ分析家だけができていたデータの「料理」は、二つの点で民主化してきていると言えます。

一つに、データ分析を専門とする層が増えつつあること、もう一点は高度なデータ解析をするツールがこれまたクラウドで急増していることがあげられます。

いかがでしょうか。人工知能(AI)で遅れを取らないために、改めて

正しい神話:中小企業こそ、人工知能(AI)のメリット大(積極的に活用の可能性を模索すべし!)

という形で締めくくりたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

高岡 淳二/株式会社UsideU 代表取締役

執筆者紹介文:

株式会社UsideU 代表取締役 AI(人工知能)、AR(拡張現実)を活用したパーソナルアシスタントサービスを開発し、小売接客販売、空港・ホテルガイド、遠隔看護の効率を向上させるサービスを提供。米国戦略コンサルティング、アリババ株式会社、米国ベンチャーキャピタルを経て、現職。東京大学法学部、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院(MBA)、マコーミック工学大学院(MS)卒業。

会社HP:
https://www.usideu.com/

AI, ARを活用したAIアシスタントやAzureなどを活用した
クラウド活用コンサルティングなどのご相談:
corp@usideu.com

Introduction

あわせて読みたい