1. 海外進出
  2. 2018.01.10

海外進出 はじめに知っておくべきこと(第3回)
バイヤーとの取引条件、最低限決めるべきことは?

あなた「よし!信用できる輸入者が見つかったから早速送るぞー!」

(数週間後)

外国社「オタクノ製品届イタヨー!・・・チョット!数量ガ全然少ナイヨ!!」

あなた「え??ちゃんと送ったときは問題なかったですよ!私たちには責任ないですからね!輸送中、風でとばされちゃったなら船会社にいってくださいよ!」

外国社「注文通リノ数量ガ私ノ手元ニ届クマデガ輸出者ノ義理ッテモンデショ?!」

あなた「・・・・(契約時にちゃんと決めておかなかったのがいけなかったかな・・・)。」


ようやく無事取引が決まり、ホッとしたのも、つかの間・・・。
あなたはバイヤーからの注文があった商品を輸出しましたが、契約時にしっかりと「決め事」をしていなかったためトラブルに発展してしまいました。

この場合は、何を、どのように決めていれば防げていたのでしょうか?

①「品質の基準」を決めよう

例えば「衣服」と「果物」を送るとして考えていきましょう。

「衣服」は、輸送中に劣化することはあまりありませんが、肌触りや色合いなどが一点一点違うことがあります。この場合は事前にサンプルをみて、その品質のものでいいか契約時に決めておきます。このようなやり方を「見本売買」といいます。

また「果物」の場合は、天候や気温によって品質条件が不安定です。この場合はある一定の基準を「標準」と定め、その標準的な品質なもので送るというものです。「果物」の場合は糖度〇〇%以上、「鉄鋼」であれば鉄分〇〇%以上といったようなものですね。このようなやり方を「標準的売買」といいます。

※その他の品質条件の種類は次のとおりです。

②それが「いつの時点のものか」を決めよう

「果物」のように商品によっては海上輸送中に品質が変わったり、劣化したりするものがあります。そこで、品質に関する最終決定を「船積み時点(船積品質条件)」とするのか、「陸揚げ時点(陸揚品質条件)」とするのかを明確に決めておく必要があります。

ただし「船積品質条件」では、輸入者には船積時に本当に契約通りの品質が守られていたのか判断できません。そこで、国際的検査機関の検査を受け、品質について検査証明書を付けるよう、輸出者に対して義務付けることもあります。
※品質決定時点を決めるには、貿易条件と呼ばれる「インコタームズ」と大きく関わってきます。

③あらゆる「単位」を決めよう

例えば「重量」の単位で考えましょう。
「kg」なのか、「kilo ton」なのか、でまったく重さは違ってきます。
また、「決済で使用される通貨」とした場合、「円」なのか、「ドル」なのか、そして「ドル」にしても、「アメリカ(米)ドル」なのか、「オーストラリア(豪)ドル」なのかで決済金額は異なってきます。
その他、「容積」、「個数」、「長さ」など、その製品に応じてさまざまな数量単位を決めなければなりません。
数量に関しても「船積時点」のものか、「陸揚時点」のものか、決めなければなりませんね。

④その他の項目についても決めよう

「受渡時期」、「受渡場所」、「仕向地(どこの港を使い、どこの港まで運ぶのか)」など、細かく諸条件を決めていきます。

なお、信用調査同様にこういった条件を決めない場合でも、取引を実行することは可能です。しかし、トラブルに発展してしまうのは目に見えていますね。
契約書にしっかり盛り込み明記することで、お互いが認識したうえで取引することがなによりのトラブル防止なのです。

今回は「バイヤーとの取引条件、最低限決めるべきことは?」についてお話しました。
お互いが納得をして取引をすることで、継続的な取引に繋がっていきます。

取引の際は、必ず書面で残し、疑問点が無い状態でのぞみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

片山 立志/株式会社マウンハーフジャパン 代表取締役

執筆者紹介文:

1952年東京都生まれ。
東京都民銀行を経て、現在、株式会社マウンハーフジャパン代表取締役、嘉悦大学非常勤講師

主な著書、監修書:
「通関士試験合格ハンドブック」、「マンガでやさしくわかる貿易実務(輸出編)」、「マンガでやさしくわかる貿易実務(輸入編)」、「よくわかる貿易実務入門(改訂3版)」(いずれも日本能率協会マネジメントセンター 刊)、「図解 いちばんやさしく丁寧に書いた貿易実務の本」(成美堂出版 刊)、「グローバルマーケティング」、「貿易実務検定 C級合格ガイド」、「図解貿易実務入門」(税務経理協会 刊)など 多数 その他:日本貿易実務検定協会®理事長、金融法学会 会員


会社HP http://www.maunharf.co.jp/
貿易実務、マーケティングに関する教育、研修についてのご相談: info@maunharf.co.jp

Introduction

あわせて読みたい