1. 活用事例
  2. Alibaba.com 成功企業に聞く
  3. 海外成功事例
  4. 2018.03.01

Alibaba.com 成功企業に聞く(第6回)
2020年までに海外売上比率20%を目指す(株式会社和田機材)


海外展開のきっかけはある新聞の一面記事

神奈川県西部を中心に、創業以来40年以上にわたってバルブ販売業を続ける株式会社和田機材は、アリババを活用して海外売上を順調にあげている企業だ。
バルブとは、一般住宅、ビル建築設備、石油化学に代表されるプラント分野、半導体、機械装置など様々な分野で使われているが、同社は工場、プラントの設備向け工業用バルブの販売を得意としている。
もともとは国内売上が100%で、英語ができる人材もおらず、貿易実務経験もなし、海外に関する知見も持っていなかった。そんな同社がなぜ海外進出を決めたのだろうか。

転機となったのは2012年、和田社長が何気なく開いた朝刊の一面トップに、得意先のある企業が海外展開を拡大していくというニュースを見つけたことから始まる。
寝耳に水だった和田社長は大変驚き、「これはうちの会社も海外からの注文を受けられる準備をしておかないといけない」と危機感を持つようになったのだという。
そんな時、ちょうどアリババがセミナーを開催していることを知る。海外の現地に赴いて販路開拓を行う「地上戦」ではなく、インターネットを活用して日本にいながら海外へ商品を売り込む「空中戦」で戦うというアリババ ワールドパスポートのサービスに魅力を感じ、アリババの利用を決めたのだそうだ。

貿易未経験からのスタート

そうしてワールドパスポートへの入会を決めたものの、最初に待ち受けていたのは地味な掲載作業。もちろんAlibaba.comには英語で製品をアピールするページを作らなくてはいけないが、英語が十分にできるわけでもない。
まずはとにかく自分でやってみようとアシスタントの女性と二人で、少しずつアリババの掲載や貿易実務の時間を作り、やりながら覚えていったのだという。
アリババ利用1年目はとにかく…

続きを読む場合はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Introduction

あわせて読みたい