1. コラム
  2. ビジネス英語・翻訳
  3. 2018.04.02

実践!商談、展示会で使える 「売れる英語」講座(第1回)
会社を紹介する&要求を伝える(ビジネス英語)


「世界中の人にうちの会社の素晴らしい製品を使ってもらいたい」こう思っている人は多いことでしょう。しかし、いざ海外や展示会へ売り込みに行こうという時に、英語への苦手意識からついつい尻込みしてしまうのではないでしょうか?
この記事では、展示会や海外出張など、これから英語で自社をPRする必要があるビジネスマン向けに、すぐに使えて売り込み上手になれるフレーズ集を紹介していきます。

第1章【会社を説明する】

まずは自社の紹介をすることから始めましょうです。
日本では有名な会社でも海外では知られていない会社は多いです。

海外出張での現地パーティー、初対面の人に名刺を出した後、さっと一言二言で会社説明ができるでしょうか? そういったフレーズは、英語では急には作れませんから、あらかじめ用意しておきましょう。

例1
Our company, XXX Corporation, was founded in Japan 100 years ago.
我々のxxx社は、100年前に日本で設立されました。

We specialize in developing innovative products in the life sciences.
我々はライフサイエンス分野で独創的な製品開発を専門とする会社です。

Today we serves more than 40,000 clients.
今や4万社以上の顧客を持っています。

例2
Our advanced flow-meter technology contributes to the development of the auto industry.
我々の最先端の流量技術は自動車業界の発展に寄与しています。

We hold 30% of the flow-meter market in Japan.
流量計市場で日本市場の30%をしめます。

例3
Our sensors for factory automation are being used by many Japanese electronics manufacturers.
我々のファクトリーオートメーション用のセンサーは多くの日本の電機メーカーに使われています。

Even Sony is one of our clients.
ソニーも我々の顧客です。

パーティー等での初対面の人への会社説明は10秒―20秒程度で十分です。会社名、専門分野を説明した後に少しアピールポイントが入っていた方がよいでしょう。

なお、会社を説明する時に所在地をいう方も多いですが、固有名詞は説明から外したほうが無難です。日本の地名は知られていないところがほとんどですし、固有名詞を覚えるのは大変だからです。どうしても必要でない限り避けましょう。

例えば Our company is located in Shizuoka Prefecture.(我々の会社は静岡県にあります)。といってもほとんどの外国人は分かりません。それよりも多くの人が知っている東京を基準に下記のように伝えてみてください。そのほうがイメージが伝わります。

Our company is located a one-hour drive west of Tokyo.
我々の会社は、東京から西へ車で1時間走ったところに位置します。

以上、会社を効果的に説明するにはどういったフレーズが適切か考えて、自分なりの簡単な会社説明を作っておきましょう。必ず役に立ちます。

第2章:【要求を伝える】

日本人相手でも要求を伝えるのは難しいものです。
まして外国人相手だと余計に気を使います。Please という言葉をつけても場合によっては威圧的に聞こえたりするので注意が必要です。

まずはこちらの要求を礼儀正しく伝える表現を学びましょう。

---------------------------------------------
I would very appreciate it if you could….
あなたに….をしていただけるとうれしいです。
---------------------------------------------

これは外国や外資系企業で働く事になればまっさきに覚える表現です。丁寧に何かをお願いする時の言い方なのです。

I would appreciate it if you could meet me at the health exhibition in Paris next month.
来月、パリでの健康展示会で私とお会いいただければありがたいのです。

■会話例
A) I would very appreciate it if you could send me more information about your company.
 あなたの会社について、さらなる情報を送ってくだされば有難いです。

B) Do we need to send you our financial statements as well.
 財務諸表も送る必要ありますか?

A) You don`t have to. Just a corporate brochure and information on your product line and main clients would be fine.
 その必要ありません。会社案内、取扱製品、主要顧客の情報で十分です。

こちらの要求に過度に答えようとする人にはYou don`t have to. と言ってあげましょう。これも使えるフレーズです。



あまり丁寧すぎず、堅苦しくない形で要求を伝えたい場合もあるでしょう。そんな時に使えるのが次のフレーズです。

---------------------------------------------
I am just wondering if ….
….でしょうか?(…かしらと思ったのですが。)
---------------------------------------------

強い口調でなく、カジュアルに確認したり、お願いごとをしたりする時にも使います。

I am just wondering if we could visit your company in July or August.
我々、7月か8月に御社を訪問できればと思ったのですが。

I am just wondering if you read the product brochure that I sent last month.

先月に送った製品説明書、読んでいただけたでしょうか?

海外との交渉において「先方も分かってくれているはずだ」という考えは禁物です。丁寧に、しかし、しっかりとこちらの要求を伝えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

大澤 裕/株式会社ピンポイント・マーケティング・ジャパン

執筆者紹介文:

株式会社ピンポイント・マーケティング・ジャパン (http://www.ppmj.com)
代表取締役 大澤 裕
慶応義塾大学経済学部卒。米系銀行の企業金融部で日本企業の海外進出支援業務従事。カーネギー・メロン大学経営学修士課程において特許製品の販路開拓方法を学ぶ。2000年米国においてピンポイント・マーケティング・ジャパンを設立。日米企業を結ぶ業務を行う。海外の販路開拓一般についてのアドバイスを各地公共団体でも行っている。

「中小企業が『海外に製品を売りたい』と思ったら最初に読む本」(ダイヤモンド社)
「海外出張/カタログ・ウェブサイト/展示会で 売れる英語」(ダイヤモンド社)

お問い合わせ先
㈱ピンポイント・マーケティング・ジャパン   
神奈川県横浜市中区不老町1-1-5東芝ビル
電話:045-264-4671  Email:info@ppmj.com

Introduction

あわせて読みたい