1. コラム
  2. Alibabaニュース
  3. 2018.06.06

タオバオグローバル、更なるブランド育成・支援を発表


2007年にスタートしたタオバオグローバルは、海外の中小企業が中国で販売するショッピングプラットフォームで、中国の消費者は高品質の海外製品を探し、海外ブランドは中国市場進出への足がかりとして利用しています。

掲載ブランドの80%が中小企業で、総商品価値(GMV)の合計で40%を占めています。
この数字はさらに増えると予想されており、2019年3月までに、市場に影響を与える可能性がある365以上のブランドを育成・支援すると表明しています。

今年1月にブランド育成・支援活動を開始し、これまで手掛けたものの1つが、日本のヘアケア製品「女神のわっか」です。昨年中国でアミノオイルシャンプーを発売しましたが、日々の平均販売額は1千元以下でした。
しかし、活動参加後の今年5月には、1日に26万元以上を売り上げる人気店に成長しました。

「この活動によって、中国で売れる可能性を秘めた海外ブランドを発掘し、支援できることを心から望んでいます。」と、タオバオグローバルの責任者Wei Meng氏は述べました。

去年はタオバオで25億点以上を販売しましたが、取引の大部分はグローバルバイヤーによるものです。
グローバルバイヤーは、良質なブランドを見つけることができるオピニオンリーダーでインフルエンサーでもあり、ソーシャルメディアに非常に詳しく、ブランドに大きなビジネスチャンスをもたらします。

これは、ダイヤの原石を見出し、磨くことで光る宝石に変える作業と同じ。
グローバルバイヤーに受けるブランドの育成が、タオバオグローバル自身の成長に繋がっていきます。


原文サイト
http://www.alizila.com/taobao-global-to-incubate-365-smes-by-year-end/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Introduction

あわせて読みたい