1. 海外進出
  2. 活用事例
  3. Alibaba.com 成功企業に聞く
  4. 成功事例
  5. 2018.06.28

Alibaba.com 成功企業に聞く(第11回)
海外市場の開拓に必要なのは、長期的な視点(ニットーパック株式会社)


あらゆる商品を包むパッケージを生み出す会社

店舗に並ぶあらゆる商品を思い浮かべると、世の中に流通する商品のほとんどが、なんらかの包装資材に包まれていることに気付く。実際の商品ではなく、パッケージから得た情報で買うか否か判断していることも多い。
パッケージは、私たちの暮らしになくてはならないものだ。

今回取材したニットーパック株式会社は、1934年創業のパッケージメーカー。
「安全で安心できる包装材料を安定的に供給する」をミッションとし、さまざまな包装材料を製造している。

同社の強みは、長年の経験を踏まえた「袋のプロ」としてのコンサルティング力。
気密性に優れたもの、衛生面に気を配ったもの、売り場の陳列まで考えたものなど、さまざまな特徴を持つ包装の中から最適解を提案できる。
さらに、営業・企画から納品まで一貫した生産体制が実現し、業務の効率化を図っている。

「もうひとつの強みは、パッケージの精密な色合わせです。私たちは色が細かく指定されたキャラクターがプリントされた包装や、多品種で小ロットのキャンペーン品も手がけており、色合わせには非常に気を遣います。
当社は製版と印刷部門が一か所にまとまっていて綿密な連携がとれるので、スピーディーかつ高品質な印刷が施せます」

そう話すのは、ニットーパックの五味敦史社長。
国内のクライアントから依頼を受けて製造したパッケージは、世界的にも独特といえるほど進化しているそう。長年、お客様の要望によりそい続けてきたことで、技術力が磨かれてきたのだ。

メーカーならではの苦境が続いた、長い一年

同社がアリババを導入したのは、2012年。国内市場の縮小は自明であり、海外に新たな市場を求めるタイミングでアリババからの営業を受けたことがきっかけだった。

しかし、スタートから長らく取引に結びつくコンタクトがなかった。その苦境にはメーカーならではの理由があった。

続きを読む場合はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Introduction

あわせて読みたい