1. Alibaba.com 成功企業に聞く
  2. 海外成功事例
  3. 2018.08.31

Alibaba.com 成功企業に聞く(第13回)
売上拡大のため常に先手を打つ(株式会社プラスワイズ)


毎日の食事は、安全で美味しいものであってほしい。その思いは世界共通だ。人々の命を支えるために欠かせない産業が農業であり、作物が育ち、食べられる状態になるまでには数えきれないステップがある。

そのステップを支える高品質な農業用品を届け、世界中の農業の発展に尽力している会社が、今回ご紹介する株式会社プラスワイズだ。

株式会社プラスワイズは、農業用品のネット販売会社。1967年に社長の祖父が創業した農業用品、土木、建築資材の卸売会社「株式会社中川商店」から独立する形で、広く国内外に商品を販売している。

同社の社長は、株式会社中川商店の三代目社長でもある中川勇太氏。新卒で入社した化粧品会社で働く中、インターネット通販に可能性を感じた中川氏は、農業用品や農機具のネット販売がほとんどなかった状況に着目し、2012年の5月にプラスワイズを設立した。

農業用品のネット購入を、多くのお客様に体験していただくことが先決と考えた同社は、圧倒的な商品数を目指して商品の登録を進め、ECサイトの整備に努める。業界のパイオニア的存在となったことで、新潟県内が中心だった商圏は一気に全国へと拡大した。

今回、お話を伺ったのは海外事業を担当する山岸規基(やまぎしもとき)氏。カナダで働いた経験があり、プラスワイズの海外事業がスタートした当初から、海外との商談を担ってきた。

豊富な掲載商品数が、世界中から問い合わせを集める

プラスワイズが、海外展開をスタートする手段としてアリババを選んだのは、社長と山岸氏がアリババのセミナーに参加したことがきっかけだった。国内での売り上げが順調に伸びていく中、プラスワイズの創業者、そして中川商店の三代目として、さらにチャレンジしたいと感じていた社長の思惑と合致したそうだ。

導入後は、国内向けのECサイトの構築経験を活かし、商品の掲載点数を増やすところから始めた。その豊富な情報量は、世界中にひそむ多様なニーズを明らかにし、多くの問い合わせにつながることになる。その中には当初予想すらしていなかった、ある意外な国からの問い合わせもあった…

続きを読む場合はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Introduction

あわせて読みたい