1. Specialist Cloumn
  2. ビジネス英語・翻訳
  3. 2018.08.21

これだけは押さえたい。海外バイヤーとのコミュニケーション術(第1回)
自社の商品の魅力を英語で伝えるには


自社の製品、技術あるいはサービスを日本国内だけでなく、広く海外の人々にも紹介し、利用してもらいたいと海外販路開拓を考えている企業は日々増えています。

しかし海外販路開拓したいと言っても、言葉や文化の違いもあり、何をどうやってプロモーションすればいいのか、バイヤーとの交渉の仕方がわからない、英語での商談に不安があるというのも事実です。

では、海外販路開拓は大手企業あるいは、海外に熟知した企業でないとできないのでしょうか?
答えは、NO!です。

1.まずは売りたい国の文化を知る

では、何をどうすればいいのでしょうか。

海外でビジネスを行う際も国内同様、ビジネスマナーを押さえておくか否かで相手の印象が変わります。
海外のバイヤーや海外パートナーと商談していく上で、相手国の法律や規則等のビジネス知識はもちろん、時間に対する感覚の違い、宗教等現地の文化を理解し、受入れることが不可欠です。

まずは、海外販路開拓したい国や地域の文化、暮らし、ビジネス・経済事情を得ることにより、ポテンシャルが見えてきます。
現地の文化や事情がわかると、現地のニーズに合ったマーケティング戦略を考えやすくなります。ニーズがなさそうだとわかったら、そこの国や地域への売込みは早めに撤退することにより、損失リスクも少なく済みます。

ポテンシャルがありそうな場合でも、商品が日本と同じ仕様では受け入れられないことがあります。相手国の人々のライフスタイルにあった製品仕様、パッケージやプロモーションの作りこみを検討します。

国内で、私たちがなにげなく日常で利用しているものが、海外の人からみると、見たことがない、使い方がわからないというものもあります。そのため、単に商品説明を外国語に訳するのは、お勧めできません。用途や使い方がわからないという前提に立った丁寧な商品説明を新たに作成し、それを翻訳するべきでしょう。

また、相手国のニーズや文化がわかると、これまでと違った使用方法の提案が出来る場合があり、国内にしか通用しないだろうと思われたものが、海外で受けいれられることもあります。

2.商品のよさを自信を持って伝える

海外のバイヤーも商品を購入する際は、自社の製品やサービスについて自信を持って伝えてくれる方から購入したいと思います。
ヨーロッパの老舗ブランド、エルメスも製品づくりと同様に、伝えることを大切にしています。自信を持って伝えると言うことは、継続的に売上を維持していく上でも大切であることを知る一例です。

商品やサービスには自信があるが、英語に自信がなく、小声でもぞもぞとお話しされてしまったら、相手には製品やサービスの自信のなさと理解され、折角のビジネスの機会を失してしまう恐れがあります。それはもったいないですね。
安心して下さい。商品やサービスの魅力は、中学レベルの英語で伝えることが可能です!

3.自社の特徴を伝え、他社製品と差別化する表現

では、自社の商品やサービスの魅力を英語で伝えてみましょう!

Let me show you our product.
弊社の商品をお見せ致します。

Here it is!
こちらです。

The quality of our product is guaranteed.  
弊社の商品品質は保証されています。

There are no other companies that offer free periodic replacement parts.
定期部品交換を無料で提供している企業は他にありません。

There are advantages of this product.
この商品の強みは、こちらです。

This product is light enough to carry.
この商品は、持ち運べるほど軽い。

Our company's advantage is No.1 customer satisfaction in the industry.
弊社の強みは、業界内で顧客満足度No.1ということです。

Our product has the advantage of using local resources and differentiation.
弊社の商品は、地域の強みを活かし、地域資源活用といった差別化をはかっています。

This product is all natural. 
この商品は天然のものです。

We are only company that making 100% natural multi-vitamins.
100%天然のマルチビタミンを作っているのは弊社だけです。

This machine also deals with foreign languages.
こちらの機械は、外国語にも対応可能です。

Our company specializes in manufacturing screw.
弊社は、ネジの製造に特化しています。

This product specializes in security camera.
セキュリティカメラに特化した製品です。


商品説明や商談を英語で行うのが自社では難しい場合は、専門家を活用することにより、海外販路開拓がスムーズになります。もちろん、全てお任せではなく、自社で対応できることは、自社で対応する経験を積むことも海外ビジネスを発展させていく上で不可欠です。

海外販路開拓は、難しいものではありません。様々な視点で、商品やサービスの魅力と相手国のニーズを見てみると、可能性が見出せることがあります。まずは、興味がある国や地域を選び、どんな商品やサービスなら売れるのか検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

鈴木 貴子/Global Jam株式会社 代表取締役

執筆者紹介文:

静岡大学人文学部法学科卒。
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻修了。

大学院在時に文化人類学的手法による調査法を学び、更に国際緊急援助隊、国連ボランティアやベルギー・ルクセンブルグ商工会議所ビジネスインターン、今年ではセミナー講師や日本茶紹介等、様々な現場で国際経験を積む。

現在、「英語deおもてなし」トレーナーとして、英語接客の研修、コーチング、文化人類学視点で異文化理解と国際ビジネスの習慣や食文化の違いについてコンサルティング及び海外販路開拓向け商品カタログやWEBの英訳を行っている。

「中学英語で大丈夫! 英語deおもてなし」(インバウンド対応の英語接客トレーニング事業)は、 平成29年度静岡市 しずおか女子きらっ☆ブランドに認定される。

日本茶アドバイザー、野菜ソムリエ、だしソムリエ、豆腐マイスター、はちみつマイスターの資格も取得しており、国内外で日本茶の淹れ方やはちみつテイスティング等のワークショップも行っている。

英語接客研修、翻訳、コンサルティング、セミナー等のお問合せ先
Global Jam株式会社
電話: 090-2130-8414
E-mail: access@globaljam.jp
URL :https://globaljam.biz

Introduction

あわせて読みたい